Doleパイナップル100%を飲みながら美味しさの秘密を探る

f:id:drinkoon:20181120225908j:plain

雪印メグミルクのDole「パイナップル100%」

世界の果実を知るスペシャリストのパイナップルジュースを深く味わう

世界の産地から選んだパイナップルを使用した100%ジュース

f:id:drinkoon:20181120230539j:plain

フルーツのスペシャリストの名を欲しがままにするDoleブランドのパイナップルは濃縮還元100%のパイナップルジュースであり日本でも親しまれてるドリンクだ。

パッケージデザインにパイナップルの写真、そして100%と表示されてはいるもののDoleのパイナップルには砂糖が入っていると言われている。

これは雪印のDoleサイトでも何となく確認できるようになっており砂糖が入っていないDole100ジュースはオレンジ、アップル、グレープフルーツ、グレープなどには砂糖を一切加えていないと掲載、だからパイナップルには砂糖が入っていると思われるが「など」の部分があるだけに詳しい部分は不明である。

ただDoleのパイナップルを飲んだ経験がある人は分かると思うがこれは果物をそのまま絞ったジュースとは到底思えなく自然な甘さが存在するジュース、しかし素材本来の甘さのようにも感じられるのがDoleパイナップルの不思議とも言える部分だ。

Doleパイナップル100%の原材料と栄養成分

原材料名

パインアップル

栄養成分表示1本(200ml)当たり

  • エネルギー 94kcal
  • たんぱく質 0.8g
  • 脂質 0.0g
  • 飽和脂肪酸 0.0g
  • 炭水化物 22.6g
  • 糖質 22.6g
  • 食物繊維 0.0g
  • 食塩相当量 0~0.10g

Dole® パイナップル 100% | 商品のご案内 | 雪印メグミルクより引用

 Doleパイナップル100%の原材料名を見て「ん?」と思った人はドリンク通かもしれない。そう、通常は「パイナップル」なのだが「パインアップル」となっている。

ではパイナップルとパインアップルは何が違うのか?と言えば同じ果物、発音によるところで一般的にはパイナップルと読んでいる。

Doleパイナップル100%のパッケージデザイン正面は英語で「PINEAPPLE」しかし紙パクを上から見るとカタカナで「パイナップル」としっかり書いてある。

優しい甘さと酸味のパイナップルジュース、それがDoleパイナップル100%

f:id:drinkoon:20181120232827j:plain

パイナップルは豊富な食物繊維を含むことからダイエットやお腹の調子を整えるのに効果的と言われている果物、「パイナップルダイエット」なんて言葉まで存在する。

ただDoleパイナップル100%はそのような効能・効果は全くうたっていないしDole飲料の購入者もそこは求めていない部分だろう、やはり「味」を求めての答えがDoleだと考えている。

ではさっそくDoleパイナップル100%を味わってみよう。

 

ストローを挿して飲むと優しい甘さの口あたりと一緒にこれまた優しいパイナップルの味が口の中に広がってくる。そこにパイナップル特有の「ツン!」と喉に引っかかるような飲み応えは存在しない、まろやかに、そしてスムーズにDoleパイナップル100%が喉を通り抜ける...飲む前から分かっていたことだが完全にうまい。

Dole(ドール) パイナップル 100% 200ml紙パック×18本入

 

Doleパイナップル100%のは酸味も優しく、後味として少しの酸味が残るような味。そして後味の優しい酸味がどんどんDoleパイナップル100%を欲し、気が付いた時には200mlなどすぐに飲み干してもう一本飲みたくなるような美味しさ。

このパイナップルジュースの味わいはDoleパイナップル100%ならでこその味わいであり例えば他飲料メーカーのパイナップルジュースになると優しさよりもインパクトを強めたものが多い。

思うにDoleパイナップル100%の繊細な味は他が勝負をかけたくない味なのではないかと思っている。それほどまでに美味い、美味すぎるのだ。

Doleの100%ジュースシリーズは他にも種類があり、スーパーで置いてあった種類を僕は全部購入、中には飲んだ事のないDole飲料もあるのだが「Doleなら美味い」といった安心感とブランド力はさすがだろう。

こうなってくると他の飲料メーカーも正面切っての戦いは難しいのではないか、

「Doleの100%ジュースなら値段が少々高くても構わない」

そんな人が沢山いるからこそDoleのジュースは売れるしスーパーの紙パックドリンクコーナーでも良い場所に位置している...そんな風に、僕は思う。