ドリンクの読みもの

ダイドーブレンド185g缶コーヒーは甘い味を楽しむ缶コーヒーと心得よ

f:id:drinkoon:20180705160006j:plain

ダイドーブレンドのフラッグシップコーヒー「ダイドーブレンド

1975年から続く深い味わいを楽しむ

華やかな香りと軽快な余韻

f:id:drinkoon:20180705160426j:plain

ダイドーブレンド(DyDo Blend)は厳選した5ヵ国豆を浅煎りに焼き分けたこだわりのブレンドコーヒー、確かな飲みごたえと華やかな香り、軽快な余韻が楽しめるコンセプトの缶コーヒーだ。

1975年からロングセラーとなっているダイドーブレンド、そのパッケージデザインはダイドーの顔といっても良いだろう。

 

100gあたり36kcal、

伝統の味を、僕は今一度味わってみようと思う。

ダイドーブレンドは甘い

f:id:drinkoon:20180705161129j:plain

正直いってドリンク専門のブログを始めなければダイドーブレンドは購入することが無かったであろう缶コーヒーになる。

ダイドーの一押しブランドや売れ筋商品は恐らく「世界一バリスタ」「デミタス」シリーズだろう。それはダイドーのサイトからも感じられるし実際に自販機やスーパー、コンビニ等のラインアップを見れば分かる話だ。

 

それでも僕はダイドーブレンドを買ってみた。

 

「軽く振って少し待ってから飲む」

今の時代にしてはワガママでめんどくさい缶コーヒーじゃないか、だがそれがいい

いちいち飲みかたを指定してくる缶コーヒーにはオススメな食べ方を言ってくるラーメン屋と通じるものがある。

 

パッケージに書いてあるように、僕はダイドーブレンドを飲んでみた。

甘い、実に甘い。

この甘さは今の時代に合わないようにさえ思える。

しかしそれがダイドーブレンドなのだ。

ダイドー ブレンド ブレンドコーヒー185g×1ケース(全30本)【to】

 

この甘さは懐かしい。

そんな気持ちにさせてくれるダイドーブレンドブレンドコーヒー、たまに飲むのも悪くない。

そんな風に、僕は思う。